青少年健全育成 2010年度事業


 1.YE生派遣事業

 毎年、夏休みに清水みなとライオンズクラブでは前途有望な高校生をマレーシアに派遣しています。
2010年7月6日。本年度派遣YE生である静岡市立清水商業高等学校の
杉山鈴賀さんと同校の杉山教頭を迎え、“YE生 壮行会”を挙行した。
 2010年度の横山会長から激励挨拶が述べられた後、杉山さんからは以下4つの目標をもって渡航体験したいと、力強い英語でのスピーチがされた。

 英語での会話の機会を積極的にトライして増やす
 マレーシアの文化をさまざまな経験を通じ把握する
 日本文化の素晴らしさをホストファミリーに伝える。富士山自慢も・・・♪
 貴重な交流機会を通じ、沢山の友人をつくる
 

杉山さんの期待と希望に満ちた輝く目… 今から帰国後のスピーチが楽しみである。




青少年健全育成 2009年度事業            

1.薬物乱用防止教室」&「紙ヒコーキ大会」

 2010年3月14日、清水区長崎新田スポーツ交流センターにて、昨年度に引き続いてのアクト開催。
 Am8:30 晴天ということもあり、クラブ活動によって若干集まりが悪かったが、児童約50名と父兄10名、そして紙ヒコーキ日本チャンピオンを誇る、大石Lをはじめとするみなとライオンズメンバー10名が集結。
まずはウォーミングアップを兼ね、コピー用紙での紙ヒコーキ製作・・・そして全員が揃ったところで、神谷会長による開会宣言!


約50分かけて上手に飛ばせば30秒の滞空時間を誇る「スターター・エフ」の製作。父兄もライオンメンバーも真剣だ。主翼に思いおもいのデザインを施し、セメダインでパーツを組み立てていく。懐かしき図工の時間が蘇る。
そして完全に接着するよう組み立てられたヒコーキが日向で勢揃い!この時間を利用し、本日の主目的である「薬物乱用防止教室」:「ダメ!絶対運動」である。解りやすいDVDを真剣に観たのちに、防止指導員:石原Lによる講演。約30分の特別教室であったが、全員が提出した感想文を見るに薬物の恐ろしさへの理解や断る勇気をもつ!などの子供たちの意思が感じられ、有意義な機会とできた。昼前には閉会し、いよいよグラウンドでの飛行実演! 子供たちはヒコーキを宝物のように抱え集合。タイミングよく朝の強風も収まり、絶好のフライト日和になった。ゴムの張力を利用し、飛ばすタイプのヒコーキであり、はじめは手こずっていた子供たちも、大石Lの的確な指導で、徐々に滞空時間が増えていった。
子供たちの元気な歓声を聞きながら、健やかな成長と
ダメ絶対!を改めて願ったひとときであった。





U.YE生派遣事業

 毎年、夏休みに清水みなとライオンズクラブでは前途有望な高校生をマレーシアに派遣しています。
2009年度は、静岡市立清水商業高等学校加藤伶奈 さんを派遣しました。
加藤さんの貴重な渡航体験に基づく今後の“草の根交流と国際感覚の発揮”を期待しています。


2009年9月15日の第788回例会 YE生帰国報告会で日本語と英語で スピーチをする加藤伶奈さん・・・


V.第5回(2009年度)清水みなとLC争奪ソフトボール大会事業

 2009年9月23日清水第二中学校グラウンドにて清水みなとライオンズクラブ杯争奪中学女子ソフトボール大会、9月27日には三保貝島グランドにて、小学校少年少女ソフトボール駿河リーグ大会、そして10月10日に同 みなとリーグが開催された。選手たちは仲間の声援を背に全力で白球を追いかけ、チーム一丸で優勝カップを目指した。
 成績結果は以下の通りです。

【成績結果♪】

  @中学女子         優勝  :由比中学校
                  準優勝 :清水第七中学校
                  第3位 :清水第二中学校
  A小学生(駿河リーグ)   優勝  :下野ブルースターズソフトボール少年団
                  準優勝:三保第一ソフトボールスポーツ少年団
                  第3位 :興津ソフトボールスポーツ少年団
                  第3位 :SSガールズ
  B小学生(みなとリーグ) 優勝 :
                  準優勝
                  第3位
                  第3位